他人と差をつける就活ファッションのポイント

ファッションにこだわって決める

自分らしさを表現しよう

おすすめの色のネクタイ

男性はスーツを着る時に、ネクタイを締めると思います。
お店で様々なネクタイが売られていますが、適当に選ばないでください。
ネクタイは就活の時に、自分らしさを表現するために欠かせない存在です。
そこで、他の人と差を付けられる色や柄を勉強しておきましょう。
おすすめは、レジメンタル柄です。
すると個性を出しつつシンプルに見えるので、面接官に良い印象を与えることができます。

色は濃い青や緑、ボルドーがおすすめです。
しかし個性を出そうと、派手な色や模様のネクタイを選ばないでください。
あまりにも派手なデザインだと、不真面目な人間だと思われてしまいます。
就活中だと忘れないで、全体をシンプルにまとめることを意識しましょう。

襟のデザインに注目しよう

シャツは、無難な白くて無地のものを選ぶと失敗しません。
薄い柄がついているシャツもありますが、無地のシャツの方が好印象を持たれやすいです。
襟の形は、レギュラーカラータイプと呼ばれるものを選びましょう。
女性は、シャツではなくブラウスを着用しても構いません。
男性と同じように白くて無地で、襟の形がシンプルになっていることにこだわってください。

また襟の形状によって、スーツとの相性が変わります。
ブラウスを選ぶ時は、実際にスーツを羽織って決めるのがおすすめです。
いろんなブラウスを試着すると、最も相性が良いものが見つかると思います。
さらにブラウスはフリルがついているものもありますが、装飾は控えめにしてください。


▲先頭へ戻る