他人と差をつける就活ファッションのポイント

ファッションにこだわって決める

希望に会社で採用されよう

就活にふさわしいスーツとは、どのようなものをいうのか知りましょう。 ここで、あまり個性を発揮しようと思わないでください。 個性はシャツやネクタイで発揮すれば良いので、スーツは無難なものを選ぶのがマナーです。 重要なのはサイズ感なので、試着を忘れないでください。

自分らしさを表現しよう

スーツに比べてシャツやブラウス、ネクタイは比較的自由に選択できます。 それでも、どのようなデザインでも良いわけではないので就活向きのものを探してください。 こちらもスーツと同じように、シンプルなものを選ぶと失敗しません。 シンプルで、自分らしさを発揮できるものが良いですね。

全身の身だしなみが重要

スーツやネクタイだけ決めて、大丈夫だと油断している人が見られます。 しかし就活の際は、面接官に足元まで見られていることを忘れないでください。 足元がだらしないと、印象が悪くなってしまいます。 ですから汚れていない、綺麗な靴を履いて面接に臨んでください。

シンプルなスーツが一番良い

どこの企業でも、身だしなみが乱れている人は人間性に問題があると思われ、採用されません。
希望する企業で働けるように、就活中のファッションを学んでください。
まず、スーツの選び方が重要です。
個性を発揮するのは良いことですが、シンプルでその場にふさわしい色やデザインを選びましょう。
またサイズも確認しなければいけないので、必ず試着してから購入してください。
女性はスカート丈に注意し、短すぎるものは避けましょう。

次にシャツや、男性はネクタイを選びます。
ここで個性を発揮できるので、スーツはあまり個性的でないものを選んでください。
しかし派手な色や柄のネクタイは、就活の場にふさわしくありません。
無難なデザインが決まっているので、その中で好きなものを選びましょう。
女性は、ブラウスを着用しても構いません。
シンプルで、襟のデザインがスーツに合うことを条件に探してください。

靴は、男性は黒い革靴、女性は黒いハイヒールやパンプスがベストです。
あまりにもヒールが高い靴は歩きにくいですし足が疲れてしまうので、ヒールが低いものでも構いません。
傷や汚れがついていない、綺麗な靴を履いていきましょう。
ちなみに夏でも、スーツを着用して面接に臨むのが就活生の基本です。
暑くても、上着を羽織って面接に臨んでください。
シャツやブラウスも、長袖を着用するのがルールです。
面接官から上着を脱いでも良いと言われたら、脱いでそのまま面接を続けましょう。

▲先頭へ戻る